多機能トイレで清潔で快適に

日本のトイレは色んな機能や性能が搭載され、進化し続けています。
今ついている主な機能としてはウォシュレット、蓋の自動開閉、自動洗浄、便座ヒーター、擬音装置などがありますね。
日本では当たり前に見られていますが、海外の方からすると珍しいものだと言われています。
また、鏡や洗面台、サニタリーボックス、収納も今のトイレには当たり前についています。
こういった機能はトイレ空間の快適さにくわえ、節水・節電などの省エネ効果も同時に果たしています。
そういった基本的な機能から、見た目にも拘ったのが今の多機能トイレです。
配管類は全て収納され見えなくなったため、すっきりとした見た目でお掃除も楽ちんになりました。
最近では、多機能に加え多目的性を活かしたトイレも増えてきています。
車椅子、障害者、高齢者、幼児など誰もが使用できるトイレです。
こういったトイレは清潔さや、省エネ意識インテリア意識が強い日本人ならではのものだと思います。